0463-75-0848

FAX.0463-75-2505 神奈川県秦野市戸川6-13

YAGレーザー溶接

YAGレーザー溶接

2015年11月、西山製作所では溶接技術の高度化、事業範囲の拡大の為、YAGレーザー溶接機を試験導入し、新しく溶接工場も建てました。
YAGレーザー溶接は従来のアルゴン溶接と異なり、レーザーを照射して溶接する手法です。
触媒となる、イットリウム(Yttrium)、アルミニウム(Aluminium)、ガーネット(Garnet)、の頭文字を取ってYAGレーザー溶接と呼びます。
特徴として、歪みを抑えられ、きれいに仕上がるので、主に薄板のSUSや鉄に効果を発揮する溶接手法です。

YAGレーザー溶接の利点

YAGレーザー溶接は「高い」と感じている方も多いと思います。確かに溶接そのものの値段はTIG溶接よりも高くなります。しかし、「歪みが小さくなる」ことのメリットにより、製品全体の品質の面ではもちろん、コスト、納期の点から言ってもYAGレーザー溶接を活用したほうが良いこともあります。

POINT 1品質のメリット

YAGレーザー溶接の場合、溶接時に発生する歪みが小さくなります。溶接後の歪み取りの作業の必要がなくなり、歪み取りのばらつきが抑えられ、品質が向上します。 また、TIG溶接の歪みを計算に入れて、板厚を厚めの設計にしている場合には、YAGレーザー溶接へ変換することで、板厚を薄く設計変更が可能な場合もあります。その際には材料費も抑えられますし、軽量化することもできます。

 

TIG溶接

TIG溶接

YAGレーザー溶接

YAGレーザー溶接

POINT 2コストのメリット

YAGレーザー溶接は溶接自体のコストは高くなりますが、歪み取りの作業、酸洗いの工程についてなど、製品のトータルでのコストは安くなることもあります。
【トータルコストが安くなる可能性が高い製品】
・筐体など溶接面の長い製品
・歪み取りと仕上げに時間のかかる製品

コストのメリット

TIG溶接

YAGレーザー溶接

POINT 3時間のメリット

YAGレーザー溶接の歪みが少なくなる理由は、溶接にかける時間が少ないことにあります。これにより量のあるものであればあるほど、全体の加工時間は短くなり、納期短縮につながることもあります。

時間のメリット

TIG溶接

YAGレーザー溶接

 

溶接工場

溶接工場

YAGレーザー溶接機

YAGレーザー溶接機

TIG溶接

TIG溶接

YAGレーザー溶接

YAGレーザー溶接

※溶接サンプル

TIG溶接

TIG溶接

YAGレーザー溶接

YAGレーザー溶接

※試作品

YAGレーザー溶接試作事例

製品 試作品
業界 -
材質 SUS
製品 試作品
業界 -
材質 SUS
製品 試作品
業界 -
材質 SUS
製品 試作品
業界 -
材質 SUS
製品 試作品
業界 -
材質 SUS